30th Anniversary Contents

とじる

大学寄付講座

第12回講座

講座概要

開催日・開催回
2020-01-06第12回
講義テーマ
進行するグローバリゼーションと世界の中の日本
〜社会正義と協働社会をめざして〜
スピーカー
郷野晶子 (連合参与 ILO理事)
主な内容
日本におけるグローバル化が進展する中において、世界からみる日本の現状を学んで頂くとともに、ILO(国際労働機関)が取り組んでいる活動の紹介と、めざす世界を学んで頂きます。

講座レポート

第12回では「進行するグローバリゼーションと世界の中の日本ー社会正義と協同社会を目指してー」と題し、郷野昌子氏(連合参与 ILO理事)より講演を頂きました。


講義風景

労働に関する日本の常識と世界の常識の違い(有給休暇、生活と仕事の捉え方)や、日本では労働組合を結成するという労働者の権利がアジア諸国においては、禁止されている現状について紹介がありました。日本企業へ就職し、労働組合に加入し、労働諸条件を改善するという私たちの”当たり前”が、世界に出ると違うということを学びました。


郷野昌子氏(連合参与 ILO理事)

世界における労働課題の解決に向けて、ILO(国際労働機関)がどのように設立されたか、これまでにどのような理念を持ち取り組みを行ってきたかについて、紹介がありました。
特に100周年記念ILO総会にて採択された「仕事の世界における男女に対する暴力とハラスメント」関する条約と連合が政府に対し、働きかけを行っていることや、遵守すべきILO中核的8条件と日本の法改正状況について、理解を深めました。

最後に多国籍企業が今後求められる責任について、オリンピック・パラリンピックを含めた注視が必要な観点について、共有をしました。

世界の様々な価値観に触れて、自分自身の価値観をしっかりと持ってほしいというメッセージを送り終了しました。


学生に質問を投げかける郷野氏